矢沢宰賞の作品募集

第30回 矢沢宰賞の作品募集開始のご案内

1.趣旨

 新潟県見附市が生んだ詩人・矢沢宰(1944 1966) 。彼は 21 年の生涯のほとんどを死の影を負った病苦と闘いながら、 上北谷小学校、 三条養護学校中学部 、 そして栃尾高校に学び、多くの優れた詩を遺した。その作品と生涯をたたえ、彼 の詩業を永く継承するとともに、広く青少年の詩心を高め、詩を発表する機会を提供するため矢沢宰賞を設けた。

2.募集作品

400字詰め原稿用紙2枚以内の日本語による詩とし、題は自由とする。

3.応募資格

全国の特別支援学校、小学校、中学校、高校の児童・生徒及び18才以下の青少年を対象とする。

4.矢沢宰賞選考

選者 八木 忠栄 (詩人 前日本現代詩人会会長 新潟日報読者文芸「詩」選者 見附市出身)

5.授賞
  1. 最も優れた作品を矢沢宰賞 最優秀賞 1編 、それに準ずる作品を矢沢宰賞奨励賞 (5 編 、入選 (4 0 編程度 とする。
  2. 特 別支援学校・ 小 学校 ・中 学校 ・高校の児童・生徒の受賞作品は学校を通じ、青少年は本人に通知し、表彰式当日発行のパンフレット等に発表する。
  3. 賞は 、 賞状及び記念品とする。
6.応募上の注意・締切り・あて先等
  1. 応募原稿は400字詰め原稿用紙を使い、タイプ、ワープロ、手書き、点字などいずれでもよい。常用漢字以外や読みにくい漢字には振り仮名をつける。なるべくA4版を使用する。
     
  2. 応募原稿用紙の余白等に次の事項を記入し、複数原稿のときは一緒にとじるか附番して提出する。
    ◇ 特別支援学校・小学校・中学校・高校生は、
    ①氏名
    ②学校名
    ③学年
    ④学校住所
    ⑤郵便番号
    ⑥電話番号
    ⑦担当教諭名
    ⑧学校E-mailアドレス
    (④~⑧は応募校毎の記載も可)

    ◇ 青少年は、
    ①氏名
    ②年齢
    ③自宅住所
    ④郵便番号
    ⑤電語番号
    ⑥E-mailアドレス
     
  3. 応募者氏名は匿名、ペンネーム不可。受賞者名は、原則公表する。
     
  4. 特別支援学校・小学校・中学校・高校の児童・生徒の応募は、なるべく学校単位で取りまとめる。
     
  5. 応募は一人一編とし、未発表の作品(受賞決定時に再度確認します)とする。
     
  6. 応募原稿は返却しない。
     
  7. 応募締切り 令和5年9月8日(金)消印有効
     
  8. あて先・問合わせ先
    〒954-0052 見附市学校町1-16-15ネーブルみつけ内 矢沢宰賞係
    TEL:0258-62-7801 FAX:0258-62-7810 E-mail:お問い合わせページへ
    ※ 表彰式を令和5年11月26日(日)に予定(詳細は別途案内)しています。
7. 主催

矢沢宰記念事業実行委員会

8.後援

申請準備中(文部科学省、全国連合小学校長会、全日本中学校長会、全国特別支援学校長会他)  

過去の入賞作品はこちらからご覧ください